カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
熨斗(のし)紙について

品物をパッケージに入れ、包装紙に包んだら、のし紙をかけます。
(のし、水引はすでに印刷されているものも多くあります。)
慶事には墨色を濃く、弔事には薄墨(悲しみで薄められて)で書くことになっています。


 

表書きの位置

表書きは上段中央に書きます。文字が水引にかからないように注意して、
上下一文字の空白をとれるよう、文字の大きさを考慮します。先様の名は書かないのが普通です。
入れる場合には上段左側に、小さめに書きます。贈り主の名は、下段中央か、やや左側に。
連名の場合には、下段の右側に目上の人の名を書きます。
贈り主の名を書くかわりに名刺を貼ることもできますが、その際には、下段中央より左に寄せて貼るようにします。




左:中央フルネームで書く
中:連名の場合は、右側から地位や年齢が上の人の順に書く 
右:3名を超える連盟の場合は「外一同」としてもよい

             

表書きの言葉

様々な贈りものに応じてのし紙の表書きも変わります。結婚祝いなど慶事事の祝いには、
「御礼」「御慶」「寿」など、祝い返しには一般に「内祝」とします。
謝礼の場合には「御礼」「薄謝」「寸志」などがありますが、「寸志」については、目上の方に対しては失礼となります。
また「粗品」と同等の用途で「みどり」「松の葉」という表書きもあります。




左:会社名、肩書き、住所は名前の右側に小さめに書く
中:先様の名前を書く場合は、左上に小さく書く 
右:名刺を貼る場合は左下に。(ただし略式となる)

 

水引の区別

のし紙にかける(または印刷されている)水引は縁起をかつぐもので、誤った使い方は非礼となるので注意が必要です。
色は、結婚祝いには紅白、金銀、金一色、赤金、一般の慶事や贈り物には紅白となっています。
結びの形は大別して2種類、「結び切り」と「蝶結び」と呼ばれています。
結婚祝や弔事など2度と繰り返さぬことを願うものに、ほどきにくい結び方の「結び切り」、
何度でもめでたい祝い事には「蝶結び」を使用します。




左:結び切り 結婚祝いや、弔事に関する出来事など、2度と繰返さぬようにとの意味
右:蝶結び  出産祝い、入学・就職祝い、新築祝いなど何回あってもおめでたい出来事の際の結び方

 

贈り物の心得一覧表


 


ギフトクロック(商品)を見る